アフィリエイトとアドセンスの違いについて超分かりやすく解説!

「ブログで稼ぐ=アフィリエイト」というイメージが強いですが、アドセンスの存在も忘れてはいけません。

ブログで稼ぐためにはアフィリエイトはもちろんのこと、Adsense(アドセンス)も理解しておく必要があります。

今回は、そんなアフィリエイトとアドセンスの違いについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

アフィリエイトは「成果報酬型」のビジネス

まずアフィリエイトは「成果報酬型」のビジネスです。

具体的には下記の図のような流れになります。

各メーカーの商品やサービスを紹介して売れると、売り上げの数%を報酬として支払われます。

↓ココポイントです

ただし、成果がないとお金は稼げません。

ブログ訪問者がアフィリエイトリンクをクリックしただけでは報酬には結びつかず、成果は上がりません。

これが成果報酬型のアフィリエイトの特徴なのです。

ちなみに成果報酬は成功報酬とは異なります。

成功報酬というのは成果報酬と違って単発的な成果という認識ではなく、依頼を受けた仕事を成し遂げた結果として支払われるものだと認識しています。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットは2つあります。

1つ目は、1記事あたりの収益力が高いことです。(ブログ全体の評価が高いことが前提です)

例えば楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイトなどの物販系アフィリエイトを例にあげます。物販系の報酬は売り上げの1%〜3%と小さいものの、狙い通りのキーワードで集客ができると毎月ほぼ一定の報酬を得られます。

私は、あるキーワードでガジェット製品を紹介しているのですが、その1記事だけで毎月約3万円を2年以上継続的に稼いでいます。面白いことにこの記事だけで得た報酬の額は2年以上ほとんど変わりません。

そういった記事が2記事、3記事10記事とあると、それだけで大きな収入になるのは想像できますよね。

もちろん記事修正は継続的に行っていますが、狙ったキーワードがハマれば報酬率が低くても売れ続ける、これがアフィリエイトのメリットでしょう。

そしてメリットの2つ目は、アフィリエイトは報酬単価の高い商品があるので、少ないアクセス数(PV数)で大きな成果を得られるということです。

1件の成約で5000円〜数万円という商品があり、狙い通り集客することができれば月100万円以上も決して夢ではありません。

高額報酬のアフィリエイトはアクセス数に依存しませんので、1日わずか100PVでも、1〜3件も売れれば1日だけで数万円稼げるというわけです。

アフィリエイトのデメリット

次にアフィリエイトのデメリットを挙げます。

アフィリエイトのデメリットは、0を1にすることが大変難しいということです。

つまり最初の1件目の報酬が発生しにくいというわけです。

結果が出ないとモチベーションの低下につながりますので、途中で挫折して辞めてしまう人が多いです。

逆に1件目の成果さえクリアできれば、それは訴求効果が高いブログになっているという証明になるので、2件、3件…と続けて売れるわけです。

初心者の場合、ブログを書き続けていく上で一定の成果がないとモチベーションを保つことが難しくなります。

1件さえ売れれば2件3件と売れていくのですが、最初に発生する1件を得ることが最大の難関なのです。

アドセンスは「クリック課金型」のビジネス

次にアドセンスについてです。

アフィリエイトに対して、アドセンスは「クリック課金型」のビジネスです。

自分のブログに広告を載せて、訪問者が広告をクリックすれば広告料として報酬が支払われます。

↓ココポイントです

アフィリエイトは売れなきゃ報酬を得ることができませんが、アドセンスは売れなくても、掲載された広告をクリックさえされれば報酬に結びつくというわけです。

補足ですが、YouTubeの広告もアドセンスと同じGoogle配下のサービスです。YouTubeアドセンスと呼ぶ人もいます。

アドセンスのメリット

アドセンスのメリットは、アフィリエイトと違って報酬が発生しやすいことです。

クリックさえされれば報酬が発生されますので、ブログ開設後、わずか5記事程度でも報酬が発生することがあります。

ブログ訪問者が増えれば増えるほど報酬も右肩上がりに増え続けていくので、より安定性の高いブログ運営が可能になります。

また、アドセンスはコンテンツに依存しません。

アフィリエイトの場合、紹介できる案件があってはじめて紹介が成立するのですが、アドセンスはブログの内容に問わずに広告収入を得られます。

ブログの内容に合わせた広告が自動配信されるのも特徴の一つですね。

アドセンスのデメリット

アドセンスのデメリットは、稼ぎやすい反面、クリック単価が低いことです。

つまり、ブログにアクセスがないと雀の涙程度のお金しか稼ぐことができません。

具体的には、1クリック10円〜50円の報酬です。

クリック単価が平均25円だとして、PV数あたりのクリック率が1%とすると、100PVでやっと1クリック(25円)、1000PVで10クリック(250円)、10000PVで100クリック(2500円)、100000PVで1000クリック(25000円)という計算になります。

アドセンスは、いかにアクセス数を稼ぐかどうかが、報酬に結びつくための重要な課題になります。

アフィリエイトとアドセンスの違いまとめ

アフィリエイトとアドセンスの違いをまとめてみます。

どのような仕組みか

  • アフィリエイト:成果報酬型
  • アドセンス:クリック課金型

アフィリエイトとアドセンスのメリットデメリットの違いまとめ

アフィリエイトのメリット:1記事あたりの収益力が高い。報酬単価の高い商品もあるので、少ないPV数でも稼げる。

アフィリエイトのデメリット:最初の報酬が発生しにくい(0を1にするのが難しい)

アドセンスのメリット:アフィリエイトと違って報酬が発生しやすい。コンテンツに依存しない。(どんな内容でも報酬は発生する)

アドセンスのデメリット:稼ぎやすい反面、クリック単価が低い。アクセス数がないと大きく稼げない。

アフィリエイトとアドセンスはどっちが稼ぎやすいか

最後に、アフィリエイトとアドセンスはどっちが稼ぎやすいか・・。

正直これは正解がないと思います。

理由は、アフィリエイトを得意とする人もいれば、アドセンスを得意とする人もいるからです。簡単な理由ですが、やはり向き不向きは当然ありますね。

ただ、一般的に考えるとアフィリエイトのほうが稼ぎやすいのかなと考えています。

狙ったキーワードがハマれば、少ないアクセス数で稼げるというのは初心者さんにとっては最大のポイントだと思いますね。

ちなみに私はアドセンスのほうが稼ぎやすいです。ブログを長く運営しているということもありますが、トレンドの波に乗ってアクセスを集めるのは個人的に得意なほうだと思います。

どっちが稼ぎやすいかは、実際に自分でやってみて感じ取ったほうが良いと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA