アドセンスとは何か?仕組みや稼ぐまでの流れを一気読み!

ブログで稼ぐためのキャッシュポイントの一つに「Google AdSense(グーグルアドセンス)」があります。

今回は、このグーグルアドセンスについての仕組みや稼ぐまでの流れを解説していきます。

ブログを始める前に、この記事を読んでアドセンスの仕組みを完全に理解しておきましょう!

Sponsored Link

グーグルアドセンスを分かりやすく丁寧に

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは、Google社が提供している「クリック課金型広告サービス」のことを指します。

「クリック課金型広告」を説明しますと、画像を使ったバナー広告やテキスト広告を訪問者がクリックして、そのページへ飛んだ時点で広告料が発生する広告ビジネスのことです。

アフィリエイトの場合、リンク先の商品が売れないと報酬は発生しませんが、アドセンスはクリックされるだけで報酬が得ることができます。

サイト上でこういった広告を見たことがありますよね?

これらは全部アドセンス広告なのです。

さて、次にアドセンスの仕組みを説明していきますね。

グーグルアドセンスのビジネスは、「ブログ訪問者(お客様)広告主(商品販売者)Google社ブログ運営者」で成り立っています。

  • ブログ訪問者(お客様):ブログに訪問するユーザーのこと。
  • 広告主(商品販売者):商品を販売するメーカーのこと。
  • Google社:広告主とブログ運営者を繋ぐ仲介業者
  • ブログ運営者:ブログを運営する人
  1. ネット上で商品やサービスを宣伝したい企業はGoogle広告(アドワーズ)に申し込み、広告申請登録を行います。(広告の出稿)
  2. 我々アフィリエイターやブロガーはアドセンス登録を行い、グーグルから提供される広告をブログに貼り付けます。
  3. ブログ読者が広告をクリックすると、アフィリエイトやブロガーに報酬が入ります。
  4. グーグルは広告主から広告掲載費を貰い、広告を掲載してくれたブログ運営者に報酬を支払う

これがおおまかな流れですね。

では一つ一つ説明していきます。

1. 広告主はGoogle広告(アドワーズ)に申し込み、広告申請登録を行う

グーグルアドセンスというビジネスが成り立っているのは、広告を掲載したい企業があるからです。

グーグルは、広告主である各企業から広告掲載費を貰うことで収益を得ています。

企業はGoogle広告(グーグルアドワーズ)と呼ばれる広告主向けの広告出稿サービスを利用して広告を掲載するわけです。

※昔はグーグルアドワーズと呼ばれていましたが、2018年7月24日から新しい広告出稿ブランドとして「Google広告」と名称が変更されました。

2. ブログ運営者はブログに広告を載せるたるためにアドセンス登録を行う

アフィリエイターやブロガーなどのブログ運営者は、自身のブログに広告を載せるためにアドセンス登録を行います。

アドセンス登録には審査があるので、まずはアドセンス登録申請をします。

一定の基準を満たせば審査は完了し、アドセンス広告による収益化が可能になります。

アドセンス広告をブログへ貼るには、Google AdSenseから提供される専用のHTMLソースコードを取得します。コードをブログへ挿入すれば、ブログのジャンルに沿った内容の広告(or読者が今興味のある広告)が自動的に配信されるようになります。

画像のように、ブログジャンルに沿った内容の広告が表示されます。

補足2018年10月頃から、アドセンスの審査方式が少し変わりました。今まではアドセンスに合格すると、手持ちのブログ全てにアドセンスを設置できたのですが、1ブログ毎に審査が行われるようになりました。

3. ブログ読者が広告をクリックすると、ブログ運営者に報酬が入る

ブログの読者がアドセンス広告をクリックするとブログ運営者に報酬が発生します。

クリック課金型広告なので、クリックされればその都度報酬が発生します。

1クリックの報酬はおよそ10円〜50円で、広告ジャンルによって変動します。中には1クリック100円以上という広告も存在してます。

4. グーグルは広告主から広告掲載費を貰い、広告を掲載してくれたブログ運営者に報酬を支払う

これは書いてある通りですね。

グーグルが広告主から貰う広告掲載費の一部を、我々アフィリエイターやブロガーは貰うわけです。

ビジネスモデルとして考えてみても、完全にWin-Winな関係が成り立っています。

広告主はGoogleにお金を払う代わりに商品やサービスをGoogleを通じてブログ運営者に宣伝してもらい、Googleは広告主とブログ運営者を繋ぐ仲介業者のような立ち位置で広告主にお金を貰います。ブログ運営者には宣伝してくれたお礼として報酬を支払うのです。


アドセンスは月にどれぐらい稼げるものなの?

アドセンスで稼げる額は人によって大きく異なります。

月100万以上稼ぐ人もいれば、月数千円程度の人もいます。最初の数ヶ月は雀の涙程度しか稼げないと思いますが、根気よく続けていけば自ずと集客できるようになるでしょう。

アドセンスはアクセス数によって左右されるので、大きく稼ぐためには大きく集客する必要があるのです。

また、クリック数によって収益も変化します。

100PVあたり1クリック、つまりクリック率(CTR)が1%以上のブログは優秀だと言えます。CTR1%未満のブログは改善の余地ありと個人的には判断しています。こういった分析は全てアドセンスの管理画面から見ることができます。

YouTubeの広告もアドセンスの一種です

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、実はYouTubeで表示される広告もアドセンスの一種です。

これはYouTubeパートナープログラムと呼ばれるYouTube向けの広告で、動画投稿者が再生回数に応じて収益を得られる仕組みのことです。

最近はブログだけでなく、YouTubeを使って収益化するブロガーも増えています。

【最後に】ブログ運営においてアドセンスは必須

ブログで収益化を図るには、アドセンスは必須だと考えています。

アドセンスはアフィリエイトと違って、商品が売れなくても収入になります。

「クリックされて広告を見てくれればお金が稼げる」

これはブログでの収益化において強みだと思います。

もちろん稼ぐためにはそれ相当のアクセス数が必要なのですが、ブロガーにとってアドセンスは一つのキャッシュポイントとして切っても切れない存在なのです。

アフィリエイトとアドセンスの違いについて超分かりやすく解説!

2019.07.13
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA