独自ドメインとは何のこと?

ウェブサイトの運営やアフィリエイトに必要不可欠なのが「独自ドメイン」です。

今回は、そんな独自ドメインについて詳しく紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

ドメインとは一体何?

まずドメインとは、インターネット上に存在する住所のようなもので世界に一つしかない唯一無二の存在です。

明確に言えば、ドメインとIPアドレスが紐づけられており、本来は住所として「123.456.78」というような数字で構成されています。

しかし「http:123.456.78….」のような数字列だと我々は非常に認識しにくいです。そこで人間が認識しやすい「ドメイン名」を住所として変換し表示させてるわけです。

やはりローマ字を使ったドメイン名なら我々も認識しやすいですよね。

そしてIPアドレスとドメインを結びつけているのがDNS(Domain Name System)と呼ばれるものです。

このDNSがドメインとIPアドレスをお互いに変換する機能を持っており、我々はローマ字のドメインとして認識できるのです。

独自ドメインとサブドメインは違う

独自ドメインを自分で取得する際は、自分で好きなようにURL(名前)を決めることができます。

これがあなただけのホームページ、いわゆる世界に一つだけのドメインとなります。

しかしサブドメインは少し異なります。

サブドメインは、元の独自ドメイン所有者が作成できる複数に細かく分割できるドメインのことです。

分かりにくいかと思うので例を挙げてみましょう。

例えばエックスサーバーに契約すると、レンタルサーバーのオリジナルドメインを貸してくれます。これはエックスサーバーの初期ドメインになるのですが、エックスサーバーが所有するサブドメインとも言い換えることができます。

エックスサーバーは契約時のサーバーIDでドメイン(◯◯◯の部分)が決まります。

http://◯◯◯.xsrv.jp

これがエックスサーバーの初期ドメイン(サブドメイン)になります。

「◯◯◯」はあなたが決める部分で、「.xsrv.jp」はサーバー会社のものです。

サブドメインは「.(ドット)」で区切られているのが特徴で、関係性で言えば分家でしょうか。

サーバー会社によって「.xsrv.jp」の部分が異なり、さくらサーバーは「.sakura.ne.jp」という文字列です。

ドメインには種類がある

「.(ドット)」で区切られる一番右の文字列を(TLD)トップレベルドメインと呼びます。

TLDは二つのタイプに分けられます。

gTLD

  • .com:企業向け
  • .net:ネットワーク系企業向け
  • .info:情報サイト向け
  • .biz:ビジネス向け
  • .org:非営利団体向け

これらのドメインは世界中の誰もが取得できる「gTLD」と呼ばれています。

上記のドメインはそれぞれ特徴があるのですが取得する際は特に決まりはありません。

ccTLD

  • .jp:日本に割り当てられるドメイン
  • .cc:オーストラリア領ココス諸島に割り当てられるドメイン
  • .tv:島国のツバルに割り当てられるドメイン
  • .cn:中国に割り当てられるドメイン

上記のドメインはその国に在籍していないと取得できないドメインを指します。これをccTLDと呼んでいます。

ちなみに.jpは汎用JPドメインとも呼ばれており、いくつかに区別されます。

  • .co.jp:企業向け
  • .ne.jp:ネットワーク系向け
  • .or.jp:企業以外の法人組織向け
  • ac.jp:大学などの高等教育機関向け

これらを属性型JPドメインと呼びます。

メールアドレスにもドメインがあります

メールアドレスは、@以降の文字列がドメインです。住所と同じ考えなので、ドメインでホームページのURLや存在を把握することができます。

独自ドメインはどのように取得するの?

独自ドメインの取得は、サーバー会社が提供しているドメインを取得するか、ドメイン専門会社で取得するかの2つの方法があります。

サーバー会社が提供するドメインは、サーバー会社が代行して取得するので少し割高になります。エックスサーバーですと「.com」が税込1,620円です。

サーバー会社を仲介しないドメイン専門会社では「.com」が税込1,382円です。

長期的に考えるとドメイン専門会社で取得したほうが絶対にお得です。(新規取得ですと約1,000円以下で取得できることもあります)

個人的にオススメのドメイン会社はムームードメインです。

ムームードメインは国内最大級のドメインの総合サービスを提供しており、多くのトップアフィリエイターも愛用しています。

ムームードメインではレジストラと呼ばれるドメイン登録業者への登録申請・レジストリ登録の作業を全て代行し、個人でも安心して取得することができます。

尚、独自ドメインの取得方法は別の記事で解説していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA