フリーメールアドレスの作り方【Gmail編】


アフィリエイトに挑戦する上で必ず必要になってくるのがフリーメールアドレスです。

情報収集の際にはメルマガや無料登録などを行うことがありますので、本メールアドレスではなく捨てても良いフリーメールは必要不可欠です。

今回はフリーメールの代表格であるGmailアドレスの取得方法を解説していきます。

Sponsored Link

Gmail(ジーメール)アドレスを取得しよう

Gmailは、Googleが提供する無料のメールアドレスのことです。

Gmailを本メールアドレスにしている方も多勢いらっしゃいますが、本メールとは別に作成したい方は複数作れますのでこの機会にサブアカウントとして作ってみると良いでしょう。

作成は3分でサクッとできます。

まずGmailアカウント作成ページへ移動します。

>>>Gmailアカウント作成へ

「アカウント作成」をクリックします。

姓、名、ユーザー名、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

ユーザー名は、メールアカウントの文字になります。例えばユーザー名を「example22」と入力すると「example22@gmail.com」になります。

電話番号や再設定用メール、生年月日など、下記の必要事項を入力して「次へ」をクリックします。

電話番号と再設定用メールアドレスは任意なので入力しなくても構いません。しかしセキュリティの面を考えると入力は必須でしょう。

プライバシーポリシーと利用規約を読み「同意する」をクリックします。文章を一番下までスクロールすると「同意する」という文字が現れます。

これで作成は完了です。

するとGmailの管理画面へ移動します。この画面から受信メールを見たり、メールを作成したりすることができます。ちなみに右上のアイコンをクリックすると、Googleアカウントの設定を行うことができます。

フリーメールアドレスをどう使う?

先ほども少し書いたように、フリーメールアドレスは無料登録や無料メールマガジン登録の際に使うと便利です。

メルマガなどを無料登録すると、そのアドレスがメール送信業者へ渡ってしまい、どこかに登録していなくても迷惑メールが届くことが増えます。

しかしアフィリエイトをする以上、様々なサービスへの無料登録は頻繁にありますので避けられません。

最低限の手段として、いつでも捨てても良いフリーメールアドレス(捨てアド)の存在はネットビジネスでは重要なのです。

本メールアドレスが迷惑メールで汚れてしまうと最悪なので、無料登録専用としてフリーメールを活用してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA